[PR]

 あおり運転で停車させたトレーラーの運転手を殺害しようとしたとして、愛知県警は3日、名古屋市守山区西城1丁目の自称解体業、堤義道容疑者(33)を殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。暴行については認めているが、殺意は否認しているという。

 愛知署によると、堤容疑者は2月21日午前2時ごろ、愛知県日進市北新町の東名高速下り線で乗用車を運転中、茨城県大洗町の男性(43)が運転する大型トレーラーの前に回り込むなどして停車させ、「殺すぞ」などと言って模造刀のようなもので男性を暴行。右ひざを突き刺して骨折させ、約6週間のけがを負わせた疑いがある。ドライブレコーダー解析などで堤容疑者を特定したという。