• アピタル

うつ病の人、食生活乱れがち 肥満は多く運動少なめ

杉本崇
[PR]

 国立精神・神経医療研究センター神経研究所などは、1万1876人にインターネット調査した結果、うつ病にかかったことのある人は間食や夜食が多いなど食生活が乱れがちで、肥満の割合が多く、運動習慣も少なかったと発表した。功刀(くぬぎ)浩部長は「適切な食事や運動が治療や予防に重要になるだろう」と話した。

 研究チームによると、うつ病は世界で20人に1人がかかっていると言われている。海外では食事や運動とうつ病の予防や改善に効果があるといった研究はあるが、国内では大規模調査が少なかった。

 そこで、遺伝子検査会社「ジーンクエスト」のアンケートを活用して、うつ病経験があると答えた1千人と、うつ病経験がないと答えた1万876人の食事や運動習慣を比較した。

 すると、うつ病にかかったことがあると答えた人は肥満の割合が1・6倍多く、やせすぎの人も1・3倍多かった。糖尿病高脂血症にかかっている割合も高かった。ほかにも朝食をほぼ毎日食べる人が少ない一方で、間食や夜食の頻度が多かった。運動習慣のある人も少なかったという。

 功刀部長は「うつ病の治療には、薬やストレスをためないことが重要と言われてきたが、食生活や運動も考えるべきだ」と話した。

 研究成果は、オランダ科学誌に掲載された。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(杉本崇)