[PR]

 NHKの有働由美子アナウンサー(49)が退局したことが3日、同局への取材でわかった。3月31日付。今後はジャーナリストとして活動するという。

 有働アナは1991年にNHKに入局。3月まで8年にわたりキャスターを務めた朝の情報番組「あさイチ」では、「セックスレス」や「不妊」など同年代の女性の悩みに寄り添った率直な語り口が人気を集めた。「NHKニュースおはよう日本」や紅白歌合戦の総合司会なども担当。NHKを代表するアナウンサーのひとりだった。

 有働アナは「定年までしっかり働き続けようと思っておりましたが、以前から抱いていた、海外での現場取材や興味ある分野の勉強をしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました。こんなヘンテコなアナウンサーを辛抱強く見守り続けてくださった視聴者の皆様に、心からの感謝と御礼を申し上げます」などのコメントを出した。

 NHK広報局は朝日新聞の取材に対し「独自の存在感で、これまで貢献していただき、感謝しています。今後も活躍されることを願っています」としている。