[PR]

(3日、エンゼルス13―2インディアンス)

 本拠での初出場で、大谷がやってのけた。インディアンス戦の一回2死二、三塁からのメジャー初本塁打。真っ赤なユニホームのファンが集まった観客席は、スタンディングオベーションで、「二刀流」に突き進む背番号17を祝福した。

 試合前の打撃練習で右翼席中段へ運ぶなど、チーム屈指の飛距離を見せていた大谷。ソーシア監督も「ボールに対し、バットがタイミングよく、きちんと入っている」と話し、初勝利を挙げたばかりの「投」はもちろん、「打」にも大きな信頼を寄せていた。

 三回も大歓声を受けて第2打席へ立つと、右前へ安打を放ち、ファンを喜ばせた。五回の第3打席は見逃しの三振だったが、八回の第4打席には中前安打し、3安打、3打点をマーク。常々「打席ではナーバスにならない」と話している通り、生き生きとバットを振った。(アナハイム=山下弘展)

関連ニュース