【動画】玉音放送で価値観が180度変わった体験を語る元法相の杉浦正健さん=伊藤智章撮影
[PR]

元法相 杉浦正健さん(83)

 (終戦を告げる昭和天皇の)玉音放送は、疎開先の愛知県岡崎市の父の実家で聴いた。「堪えがたきを堪え」は分かった。祖母が「負けたんだよ」。頭の中が真っ白になった。負けるはずがない日本がなぜ……。国民学校5年の僕は信じられなかった。

 空一面を飛ぶB29に度肝を抜かれ、夕日より空を赤く染めた名古屋空襲の夜、集落そばの田んぼまで一面火の海にした岡崎空襲は忘れがたい。学校では退役軍人の指示で、匍匐(ほふく)前進をさせられた。すべては勝つためだ。いずれ兵士になり僕も死ぬつもりだった。

 米軍の宣伝ビラもまかれていた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース