[PR]

 福島県会津若松市の東山温泉で、荒廃し、倒壊の危険が生じていた元旅館が近く取り壊されることになった。市が所有者から土地と建物の寄付を受け、1千万円を優に超すと見られる解体・撤去費用は、川をはさんで向かい側にある旅館「新滝」を経営する株式会社くつろぎ宿が負担する。

 撤去されるのは、温泉街の中心付近で、川沿いの傾斜地に立つ旧「高橋館」。1876(明治9)年に建てられた後、増築を重ねた地上3階地下1階、延べ床面積約870平方メートルの木造の建物だ。

 屋根の一部は崩れ、外壁もゆがんでいて、前の道路には「倒壊の危険」を告げる看板が立てられている。

 5年前に旅館を休業してから、県や市は所有者に対して改善を求めていたが、話し合いは難航。雪が積もるたびに、建物の破損が進む状況が続いていた。

 くつろぎ宿の深田智之社長によると、川の向こうに荒廃した建物が見える風景に、宿泊客などから「こんな景観を見に来たわけじゃない」「これではお客様を連れて来られない」といった苦情が毎日、複数寄せられたという。深田社長は「できることは何でもやりますと市には申し上げてきた」と話す。

 今年1月、所有者が市に約460平方メートルの土地と建物を寄付する意向を伝えた。市は通常、空き家の寄付を受け付けないが、今回は、倒壊の危険性が増して道路の通行に支障をきたすおそれがあるうえ、東山温泉の景観にも大きな影響を与えるとの理由から、寄付を受け入れると判断。3月27日に、くつろぎ宿、東山温泉観光協会と3者協定を結んだ。

 協定は、①くつろぎ宿は解体・撤去の費用を全額負担する②市は、東山温泉観光協会が旧「高橋館」の土地を観光振興のために、使用料免除で活用することを認める、というもの。関係者によると、跡地の斜面は緑化が施され、平地部分は駐車場とすることが検討されているという。

 市観光商工部の佐藤光一部長は「温泉街の安全確保と景観の改善につながるものだ。東山温泉全体の活性化に結びつくことを期待したい」と話している。(戸松康雄)