[PR]

 県内各地で4日、気温が上昇し、大月では29・1度と全国1位を記録した。7月中旬並みの気温という。このほか甲府も全国5位の28・4度、勝沼は27・8度で、観測10地点すべてで今年最高を記録した。

 最近の気温の上昇で、桃の産地、笛吹市では桃の花が満開になった。同市一宮町国分の甲斐国分寺跡に近い桃畑では、菜の花やチューリップと一緒に咲き誇る風景も見られた。

 市観光物産連盟によると、例年に比べて開花は1週間ほど早いという。連盟の担当者は「今週末ぐらいが桃の花の見頃だと思います」と話している。(田中基之)