[PR]

 2017年度に国内で最も売れた新車はホンダの軽自動車「N(エヌ)―BOX(ボックス)」だった。昨年9月に全面改良した2代目が好調を維持し、前年比16・2%増の22万3449台だった。ホンダ車が1位を獲得したのは、02年度の小型車「フィット」以来15年ぶり。また、ベスト10のうち軽が7車種を占め、軽が1位になったのは08年度のスズキ「ワゴンR」以来9年ぶり。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日発表した。N―BOXは、屋根が高く広い室内と、衝突被害軽減ブレーキや誤発進防止といった充実した安全装備が人気を呼んでいる。2位のトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」(14万9083台)に大きく差をつけた。

 3位はダイハツ工業の軽「ムーヴ」(14万5643台)、4位は日産自動車の軽「デイズ」(13万6505台)、5位はダイハツの軽「タント」(13万4660台)だった。

17年度の新車販売ベスト10

1位 ホンダ「N―BOX」 22万3449台(16.2%)

2位 トヨタ「プリウス」 14万9083台(▼33.8%)

3位 ダイハツ「ムーヴ」 14万5643台(26.5%)

4位 日産「デイズ」 13万6505台(32.3%)

5位 ダイハツ「タント」 13万4660台(▼9.5%)

6位 日産「ノート」 13万1119台(5.8%)

7位 トヨタ「アクア」 12万8899台(▼17.1%)

8位 スズキ「ワゴンR」 12万1224台(45.7%)

9位 スズキ「スペーシア」 11万3691台(22.6%)

10位 ダイハツ「ミラ」 10万4221台(52.9%)

※かっこ内は前年度比の増減率。▼はマイナス