[PR]

 「私には夢がある」と、米国で人種差別のない社会を訴えたマーチン・ルーサー・キング牧師が暗殺されてから4日で50年。法的には平等が保障され、黒人初の大統領も誕生したが、人々の心に潜む差別の意識や白人との格差はいぜん根強い。分断をあおるトランプ大統領の言動により、「夢」の実現は遠のいて見える。

 午後6時1分、鐘が39回鳴らされた。米南部テネシー州メンフィスの公民権博物館。50年前の同じ時刻、キング牧師は、当時モーテルだったこの場所のバルコニーで、白人の男の凶弾に倒れた。39歳だった。

 「ここに立つとかさぶたがはげ落ち、まだ生々しい痛みが残る。だが、新たな希望と可能性の復活の日は遠くない」。キング牧師と活動し、黒人指導者になったジェシー・ジャクソン師は追悼式典で話した。黒人初の米国大統領になったオバマ氏もビデオメッセージを寄せ、「米国はキング牧師の時代よりもより公平で自由になった」と語った。

 非暴力を貫き、黒人差別や貧困の解決、反戦を訴えたキング牧師。ノーベル平和賞も受けた公民権運動の指導者の影響力は根強い。

 メンフィスでは、全米各地から集まった約1万人が「I AM A MAN」(私は人間だ)と書かれたプラカードを掲げて行進した。50年前、黒人の清掃作業員が待遇改善などを求めストライキに立ち上がった時のスローガンだ。キング牧師はその支援でメンフィスに駆け付けた。

 作業員として当時のストに参加…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら