[PR]

 20億の会員を抱える米フェイスブック(FB)が、かつてない批判にさらされている。大量流出した会員情報が、2016年の米大統領選でトランプ氏陣営に利用されたとされ、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は米議会で証言を求められている。個人情報を使って広告収入を得るビジネスモデル自体が問われており、影響はIT業界全体に及びかねない。

 「システムを安全に保てるのか、そして、民主主義を守れるのか。答えはともにイエスだが、今となっては取り組みが不十分だったのも明らかだ」

 4日の電話会見でザッカーバーグ氏は「私の誤りだった」と責任を認めた。FBは2016年の米大統領選で「偽ニュース(フェイクニュース)」が拡散した温床となり、ロシアの選挙介入を許したとされる問題で批判を浴びていた。

 そこへ新たに、英選挙コンサル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも