[PR]

 韓国軍によると、5日午後2時38分ごろ、空軍のF15K戦闘機が慶尚北道(キョンサンプクド)漆谷(チルゴク)郡の山中に墜落した。パイロットら2人が搭乗しており、1人が遺体で発見された。韓国軍によると、F15Kは午後1時半ごろ大邱(テグ)基地を離陸し、任務を終えて基地に戻る途中だったという。(ソウル=武田肇)

こんなニュースも