[PR]

 石川県白山市の国の天然記念物「桑島(くわじま)化石壁」(白亜紀前期、約1億3千万年前)で見つかった両生類の化石が、300万年前に絶滅したとされるアルバノペトン科の新種だとわかった。市教委が6日、発表した。この科の化石が見つかったのは国内初で、アジアでは最古の記録となるとしている。

 調査にあたったロンドン大学のスーザン・エバンス教授と神奈川県立生命の星・地球博物館の松本涼子学芸員によると、アルバノペトン科は1億6千万~6500万年前に出現し、300万年前に絶滅したとされる陸生の両生類。外見はサンショウウオに似ており、北米やヨーロッパ、ウズベキスタンで化石が見つかっている。桑島化石壁で発見された標本をCTスキャンしたところ、頭や背、後ろ脚など43個の骨が含まれていることを確認。下あごの形などからアルバノペトン科と判断したが、既存の12種と比べ体長が推定60ミリと小さく、前頭骨の形が異なることなどから、新種とした。

 学名は、桑島化石壁を調べる白山市手取(てとり)層群化石調査団の伊左治鎮司団長の名にちなんで「シラーペトン・イサジイ」と命名した。(伊藤稔)