[PR]

 6日夜、ソウルの蚕室(チャムシル)野球場など首都圏付近で予定されていた韓国プロ野球のナイター計3試合が、有害物質を含む微小粒子状物質(PM10)による大気汚染が深刻な状態にあるとして中止になった。1982年に韓国プロ野球が始まって以降、PM10による中止は初めて。

 韓国野球委員会(KBO)によれば、中止が決まったのは、ソウルのほか、首都近郊の京畿道水原(キョンギドスウォン)市と仁川(インチョン)市の野球場。首都圏では6日午後4時ごろ、1立方メートルあたりのPM10の平均濃度300マイクログラム以上の状態が2時間以上続き、警報が発令されていた。

 韓国では、深刻な大気汚染に悩む中国からの流入もあり、数年前からPM10による大気汚染が社会問題化している。(ソウル=牧野愛博)