[PR]

 神奈川県内の百貨店などでランドセル商戦が早くも本格化している。理想のランドセルを求める「ラン活(ランドセル活動)」のスタートは年々早まり、客の購入単価も右肩上がり。少子化のなか、祖父母の財布を巻き込みながら、市場は活況が続く。

 「本人がいいというのが一番いいと思って」。3日、横浜市西区の横浜高島屋ランドセル売り場。市内の主婦河合友美さん(31)が次男穂敬くん(5)と一緒に品定めしていた。

 「長男の時は、父が買ってくれるというので親も一生懸命選んだのですが、結局子どもはこちらの提案と違うランドセルがいいと。だからもう見せておくのが早いと思いました」

 横浜高島屋が来春入学者向けのランドセル販売を始めたのは3月31日。その日のうちに売れた商品もあった。価格帯は約6万円~約18万円。今月25日から売り場を拡大し、100種類以上の商品を展開する。

 同店は今年初めて3月から、そごう横浜店(同市西区)は昨年より8日早めて今月3日、イオンスタイル東戸塚(同市戸塚区)も昨年より10日早い3月6日に来春入学者向けの新作の販売を始めた。

 背景にあるのは「ラン活」の早…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら