[PR]

 妊娠初期に野菜を多く食べた妊婦の子どもは、食べる量が少なかった妊婦の子どもに比べ、2歳になった時に息がゼーゼーするなどぜんそく症状の発症率が4割低いことがわかった。国立成育医療研究センターなどの研究チームが6日、発表した。

 研究チームは2010年5月~13年11月に同センターを受診した妊婦のうち310組の母子について、母親のぜんそく歴の有無などを考慮して分析した。

 妊娠16週までの妊娠初期に野菜の摂取量が最も少なかったグループ(1日当たりの摂取量78グラム)に比べ最も多かったグループ(同286グラム)の子どもは2歳時で、息がゼーゼーしたり胸がヒューヒュー鳴ったりするぜんそく症状の発症率が約4割低かった。

 野菜の中でもとくにホウレンソウや春菊、アスパラガスなど葉酸の多い野菜やブロッコリーやキャベツ、白菜などアブラナ科の野菜でその傾向が強かった。最も多く食べたグループの子どもは最も少ないグループの子どもより、ぜんそく症状の発症率が5割以上低かった。

 妊娠中後期の摂取量はぜんそく症状発生率と関係がみられなかった。

 研究チームの小川浩平・同センター産科医員は「胎児の呼吸器の形成は妊娠初期に始まる。妊娠初期の妊婦さんへの食事指導で、子どもの将来のぜんそくリスクを下げることができるかもしれない」としている。

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(大岩ゆり)