[PR]

 国の重要伝統的建造物群保存地区「熊川宿」(若狭町)に築約130年の古民家を改修した「街道シェアオフィス&スペース菱屋」が完成し、7日、オープニングセレモニーがあった。都市部と地域との交流の場にと期待される。5月中旬から本格運用する。

 熊川宿の中心部にある大型の古民家で、江戸期から炭問屋「菱屋」の屋号で商売を営んできた。木造2階建て、延べ床面積276平方メートル。16代目の勢馬聖兵衛氏が2004年、その妻が11年に亡くなって以降は空き家となっていた。

 東京の建築設計会社「デキタ」(時岡壮太社長)が、総務省の補助などを得て1月から改修していた。事業費は約800万円。熊川宿では初の民間主導による開発という。

 個室オフィス7区画、和室の共…

この記事は有料会員記事です。残り525文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース