[PR]

 「第47回信玄公祭り」は7日、武田信玄に扮した俳優・渡辺大さんが「甲州軍団」を率いて甲府市中心街を練り歩く武者行列があった。雄姿を一目見ようと大勢の人が沿道に集まり、軍団とともに「えい、えい、おー」と気勢を上げるなど、祭りを楽しんだ。

 ホラ貝の音(ね)を響かせながら、武者姿の約1500人が続々と舞鶴城公園へと集結した。出陣式では、山本勘助役の俳優・升毅(ますたけし)さんの「親方さま、武田信玄公のご入陣」というセリフのあと渡辺大さんが登場。大きな歓声が上がった。

 軍団は甲府駅前を出発し、平和通りを進んだ。途中、上杉謙信の精鋭部隊から襲撃にあい、殺陣が披露される場面も。上杉軍の武将から「料理が趣味だと聞いたぞ」と言われた升さんが、「なぜそんなことを知っている。武田軍が料理してやる」と応じ、笑いを誘った。

 県出身で新潟県上越市から訪れた佐藤一仁さん(49)は「幼いときから親しんできた祭り。ぜひ近くで見てほしい」と家族を連れて来た。娘の茅弥(ちひろ)さん(14)は「とても迫力があって」と驚いていた。(市川由佳子)