[PR]

 昨年末、高齢の飼い主の急な入院で静岡県藤枝市岡部町の山中に取り残された16匹のシバイヌ。ボランティア団体が保護し、感染症などの治療と並行して新しい飼い主を探してきた。落ち着き先を見つけた3匹が今月、焼津市であったイヌネコ譲渡会で再会した。

 ボランティア団体のメンバーらに「おとうさん」と呼ばれていた推定8歳のオス犬は、焼津市の油井基さん(38)、アユミさん(23)、陽菜ちゃん(1)、春陽ちゃん(10カ月)家族の一員になった。群れの秩序を守るために戦い、保護された時は傷だらけ。耳のふちもギザギザに切れていた。2月に伊東市の高齢男性から引き取り希望があって見合いに行ったが、「年寄り」「見てくれも悪い」とけなされ、しゅんとなって帰って来た。

 ところが3月3日、犬小屋を寄付しようと譲渡会にやって来た基さんには、仰向けになっておなかを見せた。30分ぐらい甘えた後、基さんがその場を離れるとボス犬の顔に。1時間後に基さんが現れると、再び足にすりすり。すでに2歳半のシバイヌ「コタロー」がいて犬を飼うつもりがなかった油井家に、居場所を得た。丸顔から「まる」と名付けられた。家族の中の地位はコタローの下。すっかり甘えっこの顔になった。

 5歳のメスのイチゴは人間に抱…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら