[PR]

 ドイツ北西部の都市ミュンスターの旧市街で7日午後(日本時間同日夜)、群衆に小型トラックが突っ込み、複数が死傷した。地元メディアが伝えた。

 地元紙ライニッシェ・ポスト(電子版)が関係者の話として伝えたところによると、3人が死亡、30人程度が負傷した模様だ。トラックの運転手は銃で自殺したという。近くで爆発物が見つかったとの情報もある。捜査当局は、テロの可能性もあるとみて捜査を進めている。

 ミュンスターは、ノルトラインウェストファーレン州の都市。現場の旧市街は、観光地として知られている。地元テレビは、現場付近の飲食店でテーブルやいすが散乱している写真を報じた。

 ドイツでは2016年12月、ベルリンでチュニジア人の難民申請者が運転する大型トラックがクリスマス市に突っ込み、12人が死亡するテロ事件が起きた。事件後、容疑者が過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓うビデオが見つかっている。(ベルリン=高野弦)

自動車を使った近年の事件

2016年7月 フランス・ニースで花火の見物客に大型トラックが突っ込む。86人死亡

 12月 ベルリンで大型トラックがクリスマス市に突っ込む。12人死亡

2017年1月 エルサレムでトラックが歩道の歩行者に突っ込む。4人死亡

 3月 ロンドン中心部の国会議事堂とその周辺で乗用車や刃物を使った襲撃。5人死亡

 4月 スウェーデン・ストックホルム中心部でトラックが歩行者専用道路を暴走。4人死亡

 6月 ロンドン中心部のロンドン橋などで乗用車や刃物を使った襲撃。8人死亡

 6月 ロンドンのモスク近くで礼拝を終えた人々に乗用車が突っ込む。1人死亡

 8月 バルセロナの繁華街など二つの街で乗用車が歩行者に突っ込む。15人死亡

 10月 ニューヨークでトラックが自転車専用道路に突っ込む。8人死亡

こんなニュースも