[PR]

 サッカーの2019年女子ワールドカップ(W杯)フランス大会予選を兼ねた女子アジア・カップ第2日は7日、アンマンで行われ、前回覇者で8大会連続のW杯出場を目指す日本(なでしこジャパン)は、1次リーグB組の初戦でベトナムを4―0で下した。日本は横山(フランクフルト)が前半3分に先制し、同17分に中島(神戸)が加点するなど、主導権を握った。

 8チーム中5位までがW杯出場権を獲得する。8大会連続出場が懸かる日本は1次リーグで10日に韓国、13日にオーストラリアとそれぞれ戦う。

こんなニュースも