[PR]

フルーツサンド

 桜色のホイップクリームと、色鮮やかな旬の果物が入ったフルーツサンド。甘さ控えめなクリームが果物の味を引き立て、一口食べると、口の中に心地よい甘みと酸味が広がっていく。

 千本今出川交差点近くに店を構える「喫茶静香」(上京区)の看板メニューが生まれ変わった。昭和初期から続く喫茶店で、フルーツサンドを出し始めたのは宮本裕行さん(52)、久美さん(47)夫妻が叔母から3代目を継いだ約2年前。人気メニューとなった後も工夫を重ね、白いパンと白いクリームを使っていた従来のものから、今月7日にリニューアルした。

 特注の食パンが自慢だ。卵の黄身を多めに使って、カステラのような黄色っぽい色合いに。ほんのり甘さも持たせた。「ふわふわで、でも弾力のある食感にこだわった」

 クリームは2種類。パンにはま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも