[PR]

 柔道の魅力は立ち技、寝技の「一本」に代表される技の切れだ。

 ところが、8日に福岡国際センターであった全日本選抜体重別選手権の男子100キロ超級では、8選手で挙げた技のポイントが、王子谷剛志(旭化成)の払い腰返しの技あり一つだけ。初優勝した小川雄勢(明大)と原沢久喜(日本中央競馬会)との決勝でも、両者の反則以外のポイントはゼロだった。

 重量級は元来は豪快な一本勝ち…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも