[PR]

 鹿児島県日置(ひおき)市東市来(いちき)町湯田の民家で男女3人が殺害された事件で、男性1人に対する殺人容疑で逮捕された岩倉知広容疑者(38)が、民家に住む祖母の岩倉久子さん(89)らから注意を受けて、不満を募らせていたという趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。県警は8日午後、岩倉容疑者を鹿児島地検に送検した。

 岩倉容疑者は、久子さん宅で同居する次男(68)の息子。久子さんと次男は事件の発覚当初から行方が分からなくなっており、県警が約100人態勢で久子さん宅周辺を中心に捜索している。

 捜査関係者によると、岩倉容疑者は調べに対し、「久子さんらから、いろいろ注意されてうるさかった」と供述。久子さんと次男について「殺害して、遺体を遺棄した」という内容の話をしているという。

 事件は6日午後3時45分ごろ、久子さん宅を訪れた警察官が遺体を見つけて発覚。遺体は、久子さんの長男(70)の妻の岩倉孝子さん(69)=鹿児島県薩摩川内(せんだい)市=、孝子さんの姉の坂口訓子(くにこ)さん(72)=同=、長男の知人で近くに住む後藤広幸さん(47)と判明した。いずれも6日午後、長男から頼まれて安否確認のために訪れていた。

 岩倉容疑者は逮捕容疑の後藤さん殺害を認め、孝子さんと坂口さんの殺害もほのめかしている。司法解剖の結果、後藤さんと孝子さんの死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死だった。坂口さんも死因などを調べている。