[PR]

 鹿児島県日置(ひおき)市東市来(いちき)町湯田の民家で男女3人が殺害された事件で、県警は8日、男性1人に対する殺人容疑で逮捕した岩倉知広容疑者(38)の供述に基づき、近くの山林から新たに男女2人の遺体を発見した。県警は、この民家の住人で行方不明だった岩倉容疑者の祖母の岩倉久子さん(89)と、久子さんの次男で岩倉容疑者の父親、正知さん(68)とみて調べを進める。

 事件は6日午後3時45分ごろ、久子さん宅を訪れた警察官が遺体を見つけて発覚。遺体は、岩倉容疑者の伯父、岩倉正明さん(70)の妻、孝子さん(69)=鹿児島県薩摩川内(せんだい)市=、孝子さんの姉の坂口訓子(くにこ)さん(72)=同=、正明さんの知人で近くに住む後藤広幸さん(47)と判明した。岩倉容疑者は逮捕容疑の後藤さん殺害を認め、孝子さんと訓子さんの殺害もほのめかしている。司法解剖の結果、3人の死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死だった。

 捜査関係者によると、岩倉容疑者は調べに対し、久子さんと正知さんについても「家の中で殺害して、車で運んで埋めた」と供述。これに基づき8日午前から、民家周辺を中心に捜索。午後3時20分ごろ、民家から約400メートル離れた山中の空き地で、深さ数十センチのところに一緒に埋められていた2遺体を見つけた。顔が識別できないほど腐敗が進んでいたという。