[PR]

 人手不足の日本に、海外から出稼ぎ労働者が来るようになって30年。日本で育った子ども世代から、移民研究者が誕生している。南米ペルーから22年前、家族の呼び寄せで来日した日系4世の兄妹だ。「当事者にこそ見えるものがあるはず」と周囲も期待を寄せる。

 オチャンテ兄妹は、ペルーの首都リマで生まれた。母方の曽祖父が富山県出身。1990年に3世の母親が、翌年にペルー人の父親が来日。三重県伊賀市の自動車部品下請け工場で働き、定住を決めた。96年に呼び寄せられたとき、兄は16歳、妹は15歳だった。

 妹のロサさん(36)は今春、奈良学園大学で助教から専任講師になり、初めてゼミを持たされた。

 地元中学から夜間定時制高校に進み、昼間はカメラなどに使う蛇腹の工場でアルバイト。大きな壁となったのがゼロから始めた日本語だった。「熱心な先生が授業前に毎日30分教えてくれて助かった」。給料は全額貯金して進学に備えた。

 京都ノートルダム女子大学4年の夏、母校の中学に学習支援に行き、南米からの生徒たちに接したのが転機となった。言葉の壁、希望が通らない進路、長い別離をへて再会した親との微妙な関係……。思い悩む姿にかつての自分が重なった。

 「外国人児童の悩みの原因や背景を突き詰めていくことが『研究』になる」と知り、迷わず三重大学大学院に進学。日本に働きに来る出稼ぎ労働者の第2世代の教育問題をテーマに選んだ。その後は三重県内の小中学校で外国人の子を支援する巡回相談員として5年働いた。

 たとえば運動会。教師は「外国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら