[PR]

 プレーボールがかかった次の瞬間から、試合を完全に支配した。大谷は一回、先頭のジョイスをフォーク、続くセミエンを96マイル(約154キロ)の直球、3番・ローリーを、またしてもフォークで空振り三振に仕留めた。球場のボルテージが、一気に上がる。

 本拠での初登板にもかかわらず…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら