[PR]

おやじのせなか 木村多江さん(俳優)

 シャイで、厳しくて、でも人を楽しませるのが好き。海外を駆け回る営業マンだった父は、そんな人柄でした。

 よく怒られた思い出があります。18歳のころ門限を破って帰ると家の前で仁王立ちで待っていました。遠くからでも怒りの炎が見える気がしたくらい怖かった。家で長電話をしていると電話線を抜かれ、それでもやめないと電話線を切られちゃう。でもひょうきんな一面もあって、いとこの家に「校長です」と名乗って電話をかけ、大騒ぎになったこともありました。

 父が亡くなったのは、私が21歳の時です。4月14日、49歳でした。会食中に倒れ、1週間後に息を引き取りました。働き盛りで、そのころは最後の頑張り時だったようです。私は倒れた日の夕方、「きょう夕飯はいらないよ」という最後の電話を受けました。夜、会食のお相手から連絡を頂いたのも私です。

 「私が父を死なせたんだ」と思…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら