[PR]

 山形、山梨両県で女性宅に侵入して性的暴行を加えたなどとして、強姦(ごうかん)致傷や住居侵入などの罪に問われた元NHK記者の弦本康孝被告(29)=住居不定、無職=の裁判員裁判の初公判が10日午前、山形地裁(児島光夫裁判長)で始まった。弦本被告は起訴された3件の事件について「いずれも間違っています。つまり、私はやっていません」などと述べ、起訴内容を否認した。25日に判決が言い渡される予定。

 起訴状によると、弦本被告は山形放送局に勤務していた2016年2月23日未明、山形市内の女性宅に侵入して性的暴行を加え、約2週間のけがをさせたとされる。山梨県内でも13年12月と14年10月、同様の事件を起こしたとされる。

 検察側は事件現場の遺留物と弦本被告のDNA型が一致した、などと主張している。冒頭陳述では弦本被告が、取材を通じて被害者の1人と知り合ったことを明らかにした。

 一方、弁護側は冒頭陳述で3件の事件が起きた当時、弦本被告が自宅や職場で寝ていたなどと主張。DNA型鑑定は、ほかの人物のDNAが混入した可能性があるなどとして信用性を争うと説明した。

 弦本被告は11年4月、NHKに入局し、甲府放送局に配属された。15年7月に山形放送局に異動し、17年2月に山形県警に逮捕された後、懲戒免職された。(田中紳顕)