[PR]

 ネアンデルタール人(訳注=最初に科学的研究の対象となったネアンデルタール人の化石が見つかった場所がドイツ・デュッセルドルフ郊外のネアンデル谷<Neanderthal>だったことから名づけられた)という呼称には、これまで侮辱的な響きがあった。しかし、この不可解な、消滅したヒト類についての研究が進むにつれ、科学者の間では彼らに対する敬意が高まっている。

 この2月下旬、研究チームはネアンデルタール人が精神的に洗練されていたことを示す有力な証拠を提示した。彼らは洞窟での芸術的な描写の能力を有していたのだ。ネアンデルタール人には表徴的思考の才能があり、化石記録に残されていなかった画期的なコトを成し遂げていた可能性がある。

 「シンボル(象徴)を持つということは、言語を有することでもある」とジョアン・ジルヤオは言う。スペインのバルセロナ大学の考古学者で、今回の研究論文の共同筆者の一人だ。

 ネアンデルタール人の化石に初…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも