写真・図版

[PR]

 首相安倍晋三がアベノミクス3本目の矢として成長戦略の柱に据える規制改革。その舞台装置である規制改革推進会議は、安倍の意向に沿って「改革」の方向性を決めてきた。そこに今、異変が起きている。

 「政治的公平」を定めた放送法4条の撤廃を記した「放送事業の大胆な見直しに向けた改革方針」とする文書が、3月中旬ごろから永田町・霞が関で出回り始めた。これが安倍主導で規制改革推進会議にかかるのではないか、との見方が広がった。

 安倍が居並ぶ経営者を前に放送…

この記事は有料会員記事です。残り1313文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1313文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1313文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも