[PR]

 連れ添った夫の三回忌は、庭で満開になった白い花と迎える。熊本県益城町の城本ぬい子さん(64)は14日、熊本地震で亡くなった夫・千秋さん(当時68)が10年ほど前に植えたフジの花を仏前に供えた。

 「主人が熱心に世話してた間はあまり咲かなかったのよ」。そう言って笑い、「見せてあげたかったな」と言葉をつないだ。

 千秋さんは2016年4月16日未明の本震で、倒壊した自宅の下敷きになった。

 その2日前、震度7の前震で築90年の家はゆがみ、庭先の車中でそろって眠った。次の晩もそうするつもりだった。でも、息子が住む近くの家に避難するよう誘われ、甘えることにした。「扉も閉まらんし、不用心だからここにいる」と言い張る夫を残して。

 「家で寝ちゃだめよ」。そう念を押したのに、本震後に駆けつけたとき、車の中に姿はなかった。「あんな地震がまた来るなんて。引っ張ってでも連れて出ればよかった」と自分を責めた。息子に「あんたが迎えに来んかったら……」と漏らしたこともある。そんな自分をまた責めた。

 結婚は19歳の時。親戚に紹介…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも