[PR]

 金沢市東原町で、ミズバショウが見頃を迎えている。富山県との県境に近い標高102メートルという低地に自生し、市の天然記念物に指定されている。

 白い花びらのように見えるのは葉が変形した苞(ほう)と呼ばれるもので、その中心にある棒状の部分に、小さな花がつく。10日は近くの市立宮野保育所の園児らが訪れた。純白で清楚(せいそ)な花々に園児たちは「きれい。初めて見た」と、春を感じていた。市文化財保護課によると、満開を迎えており見頃はあと1週間ほどという。(近藤幸子)

こんなニュースも