【動画】第76期将棋名人戦七番勝負第1局の前夜祭=戸田拓撮影
[PR]

 11日に開幕する第76期将棋名人戦七番勝負は、佐藤天彦名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦する豪華な顔合わせとなり、10日の前夜祭は例年より多くの将棋ファンらでにぎわった。

 前夜祭は、第1局が指される東京都文京区のホテル椿山荘東京で開かれた。朝日新聞社の渡辺雅隆社長は「将棋界は明るいニュースばかり。記憶に残る名人戦になるのではないか」、毎日新聞社の丸山昌宏社長は「今期の名人戦は素晴らしいものになると期待が膨らんでいる」と話した。日本将棋連盟の佐藤康光会長は「AI(人工知能)の強さを採り入れた両者の進化が見られる対決」と語った。

 佐藤名人は3連覇、羽生竜王は4回目の返り咲きと通算10期目の名人獲得を目指す。羽生竜王は史上2人目の通算1400勝まで、あと1勝と迫っている。

 対局は2日制で持ち時間は各9時間。第1局は11日午前9時に始まり、12日夜までに終局の見込み。立会人は森雞二九段。(村瀬信也

     ◇

 対局の模様は朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/)で随時お伝えします。棋譜は有料の名人戦棋譜速報(http://www.meijinsen.jp/別ウインドウで開きます)でも見られます。

 現地の大盤解説会は、11日が午後2時半から同6時半まで、12日は午後2時から終局まで。入場料は2日通し券3千円、1日券2千円。