[PR]

 民進党の杉尾秀哉参院議員は10日、同党の増子輝彦幹事長に離党届を提出し、立憲民主党に入党する意向を表明した。離党届は11日の常任幹事会で正式に受理される見通し。立憲には近く入党届を出すという。杉尾氏は会見で、民進と希望の党との合併協議について「政策抜きの数合わせと見られかねない」と批判。立憲とは「憲法、安全保障、原発などの基本政策で考え方が近い」と述べた。