[PR]

 鹿児島県日置(ひおき)市東市来(いちき)町湯田の民家で男女5人が殺害された事件で、近くの無職岩倉知広容疑者(38)=殺人容疑で逮捕=が6日に民家で親族らを襲う直前、父の正知さん(68)の安否確認に来たシルバー人材センター職員に「大分へ行っている」とウソをついていたことが、捜査関係者らへの取材で分かった。岩倉容疑者は、3月31日夜に正知さんらを殺害したと供述しており、県警は、事件発覚を遅らせようとしたとみている。

 捜査関係者や人材センターの職員によると、正知さんは日置市内のホームセンターで派遣従業員として働いていたが、4月4日の勤務日に姿を見せなかった。6日午前、派遣元の人材センターの職員が勤務状況の報告書を受け取ろうと、正知さんと岩倉容疑者の祖母の久子さん(89)が住む民家を訪問した。

 カーテンが閉まっていて静かだったが、チャイムを2度鳴らすと、岩倉容疑者が玄関先に出てきた。正知さんの所在を尋ねると、「(身内の)出産で大分に行き、留守にしている」と答えたという。訪問した職員は取材に対し、「若い学生のような優しそうな男だった。ごく普通の応対で、不審には思わなかった」と話した。

 その後、6日午後になって、岩倉容疑者の伯母の岩倉孝子さん(69)と孝子さんの姉の坂口訓子(くにこ)さん(72)、岩倉容疑者の伯父の知人だった後藤広幸さん(47)が相次いで民家に入り、殺害された。