[PR]

 島田市相賀のどうだん原に自生するドウダンツツジ約8千本が満開を迎えている。どうだん原は千葉山の中腹、標高約300メートルの地点。「スカイペンションどうだん」からハイキングコースを下り、視界が開けると、小さな白い釣り鐘型の花が斜面いっぱいに広がっているのが見える。

 市観光課によると、咲き始めは例年より1週間ほど早い3月26日。今月20日ぐらいまで楽しめる。