【動画】問題の文書について会見する愛媛県の中村知事=大川洋輔撮影
[PR]

 首相官邸側との面会で誰と会い、どんな発言があったのか――。学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画をめぐり、中村時広・愛媛県知事が10日、面会の記録文書を「まじめな県職員が備忘録で書いた」と認めた。ただ、「首相案件」との記述については具体的な言及を避けた。

 「職員が口頭報告のために作ったメモ。本人が備忘録として書いたことは間違いない」。10日午後5時、愛媛県庁。緊急記者会見を開いた中村知事は、焦点となっていた文書の存在をあっさりと認めた。

 知事は朝日新聞などの報道を受け、この日朝から県庁内に調査を指示。2015年4月2日に首相官邸に足を運んだ職員ら4人に聞いたところ、1人が「自分の文書です」と答えたという。

 「本件は、首相案件となっており」「自治体がやらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」

 文書では柳瀬唯夫首相秘書官(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら