[PR]

 シリアで化学兵器が使用された疑惑を受け、トランプ米大統領は10日、英国のメイ首相と電話会談した。トランプ氏はアサド政権への軍事攻撃を検討しており、英国の協力を求めたとみられる。

 ホワイトハウスによると、両首脳は「非道な人命無視」とアサド大統領を非難。再び化学兵器の使用をさせないことで一致したという。また、英首相官邸によると、メイ氏はフランスのマクロン大統領とも電話会談。米仏首脳と「国際的なパートナーと密な連携を続ける」ことで合意した。

 ただ、メイ氏は英メディアから米仏の軍事攻撃に加わるかを問われても明言を避け、慎重姿勢を示した。

 米政権はシリアへの軍事攻撃に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも