[PR]

 10日に判明した加計(かけ)学園問題の愛媛県文書、森友学園文書での改ざん問題、そしてこの日も新たに明らかになった自衛隊日報問題。11日の衆院予算委集中審議では、政府の疑惑が続けて取り上げられた。加計問題で答弁に立った安倍晋三首相は、強い口調で疑惑を否定した。

 加計学園による獣医学部新設計画を巡って愛媛県職員らと柳瀬唯夫・首相秘書官(当時)が面会したとする記録文書の存在を、同県が認めてから一夜明けた11日。午前10時半前、衆院の第1委員会室に入った安倍晋三首相は、神妙な面持ちで閣僚と話しこんだ。

 「文書に『首相案件』と記載されたことについて総理の認識を」

 最初に質問に立った自民党の柴山昌彦議員がそう問うと、安倍首相は初めて答弁席に向かう。「愛媛県が作成した文書については、コメントを差し控えたい」と前置きし、強い口調でこれまでの国会でしてきた答弁を繰り返した。「いずれにせよ(加計学園の)獣医学部新設については、関わった民間人が、プロセスに一点の曇りもないと明確な発言があった。私から指示を受けた、という方は一人もいない」「4月からすでに開校しているという事実がある」

 野党側からは「愛媛県は発表したんだぞ」「何でもありだな」などのヤジが飛ぶ。柴山氏が質問をいったん止め、委員長席からも「静粛に」との声が上がった。

 獣医学部新設の申請を首相が知った時期に質問が及ぶと、議場はさらに騒然とした。

 安倍首相はこれまで、申請を知ったのは昨年1月20日だったと強調している。立憲民主党の川内博史議員がこの答弁を「維持するか」と問うと、首相は「今まで答弁してきた通り」と述べた。

 これに対し川内氏は、愛媛県職員らと柳瀬氏が面会したとする時期が2015年4月とされたことを念頭に、「常識では理解できない」と詰め寄る。野党議員からは「非常識」「おかしい」とヤジがあがった。

 質疑は森友学園との国有地取引の問題にも及んだ。財務省理財局の職員が昨年2月、学園側に地中のごみの撤去について「トラック何千台も走った気がするといった言い方をしてはどうか」などと虚偽の説明をするよう求めていた問題だ。

 柴山氏にこのことを問われた麻生太郎財務相は、「誤った対応であったと率直に思っている」と改めて陳謝した。