[PR]

 自民、公明両党の幹事長は11日午前、東京都内で会談し、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画をめぐり当時の柳瀬唯夫首相秘書官(現・経済産業審議官)らの国会招致を容認することで一致した。同日の衆院予算委員会の審議などを見極め、最終判断する。

 柳瀬氏は首相秘書官だった2015年4月、愛媛県職員らと首相官邸で面会し、同学園の獣医学部新設について「首相案件」と述べたと、同県の文書に記されている。文書には同県職員が藤原豊・内閣府地方創生推進室次長(当時)と面会したことも記録されており、野党は柳瀬、藤原両氏の証人喚問を求めている。

 幹事長会談に同席した自民党の森山裕・国会対策委員長は会談後、両氏の招致について「審議を通じて必要があれば、与野党協議をして実現するのが筋だ。国民目線で必要だという人は、だいたい呼んできた」と記者団に語った。