【動画】前方の人間のあとをついて動く運搬ロボット「サウザー」=鹿野幹男撮影
[PR]

 まるで飼い主についてくる忠犬? 荷台に本を積み、前を歩く人に自動でついていく運搬ロボット「サウザー」が11日、茨城県つくば市立中央図書館で報道陣に公開された。開発会社の担当者は「使い心地を試してもらい、改善に向けた課題を検証したい」と話している。

 11日朝、図書館の返却ポストにたまった本をコンテナいっぱいに積んだサウザーが職員の後ろをくっついて進み、スロープを登って館内のカウンターへと向かった。職員が手押し車で運ぶ分と合わせると、一度に運べる量が増える。

 サウザーは、つくば市内のロボット開発会社「Doog(ドーグ)」が、2015年11月に発売。四つの車輪で走り、荷台下部にあるレーザーセンサーが前方の人間や物体を認識して自動走行で追いかける。積める荷物は最大120キロ。名前は、犬の品種「ジャイアントシュナウザー」にちなんでつけたという。国内の物流会社のほか、シンガポールの空港に納入され、広い空港内に複数あるラウンジへの料理の運搬に使われている。

 市は昨年、地元企業の販路拡大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら