[PR]

 小野寺五典防衛相は11日、存在しないとされた自衛隊のイラク派遣時の活動報告(日報)が、新たに2日分見つかったと発表した。防衛省で記者団に明らかにした。

 小野寺氏などによると、新たに見つかったのは2004年7月14日と05年2月26日の2日分で、いずれも陸上幕僚監部防衛協力課が10日に確認。小野寺氏には11日に報告があった。課内の外付けハードディスクから「7月14日のイラク報告」「イラク復興支援群活動報告(2月26日)」という件名のファイルが見つかった。これまでに発見された分と合わせて日報はのべ410日分になった。

 さらに、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に関する日報も新たに見つかったと発表。発見された場所は、内部部局、統合幕僚監部、海上幕僚監部の計7部署。情報公開請求に対し、当初「不存在」を理由に不開示とし、その後に発見された対象期間(16年7月7~12日)も含まれているという。

 日報問題をめぐっては、小野寺氏が今月7日付で、過去の自衛隊の海外派遣に関するすべての日報を統幕に集約するよう全部署に通達を出し、20日までに存否の確認を求めている。また、大野敬太郎防衛政務官をトップとする調査チームは、イラク派遣時の日報に関し、発見後に報告が遅れた経緯などを調べている。