[PR]

 開業1年を迎えるJR名古屋駅前の専門店街「タカシマヤ ゲートタワーモール」で11日、記念式典が開かれた。隣接する百貨店「JR名古屋高島屋」と合わせた来店客数は、3月までの1年間で約5500万人にのぼった。

 運営するジェイアール東海高島屋の林田明雄取締役(ゲートタワーモール事業部長)は「2年目も百貨店と協力して、より魅力ある商業施設をつくっていきたい」と語った。

 この日の式典では、入り口付近に設置された、高さ1メートルほどのケーキ型のオブジェがお披露目された。

 ゲートタワーモールは、昨年4月17日にオープン。若者向けの衣料品や生活雑貨などを中心に約150の店舗が入っている。

 この日、友人と買い物に来ていた名古屋市守山区の大学4年生、山田実歩さん(21)は「地下鉄の乗り換えが必要な栄よりも便利。これからもカフェなどを利用したい」と話していた。