[PR]

 吹奏楽を始めて間もない中学生に、日本屈指のプロ吹奏楽団「東京佼成ウインドオーケストラ」の団員らが基礎を教えるワークショップが6月3日、杉並区和田2丁目の普門館で開かれる。

 本格的な指導を受けるのが難しい少人数部の中学生を主な対象に、初歩的な楽器の知識や手入れ方法、呼吸法、練習法を指導する。最後は、2011年まで「吹奏楽の甲子園」として親しまれた普門館のステージで、講師を含む参加者全員による大合奏も行う。

 午前10時~午後3時。受講費千円(教材費などを含む)、定員100人。楽器、譜面台、筆記用具、五線紙、上履き、外履き用靴袋、昼食を持参。

 ファクスかメールで「吹奏楽ワークショップ2018希望」とし、住所、氏名、学年、楽器、電話・ファクス番号かメールアドレスを書いて申し込む。5月10日午後6時必着。申し込み・問い合わせは朝日新聞社CSR推進部吹奏楽・合唱事務局(03・5540・7414、ファクス3541・8999、csrmusic@asahi.comメールする)へ。