[PR]

 山や自宅の庭などで採った食用の植物について、消費者庁は11日、有毒植物と混同しないよう注意を呼びかけた。昨年までの10年間で、有毒植物による食中毒で10人が死亡。スイセンをニラと間違えるケースが多いという。

 スイセンとニラの葉は外見が似ている。ニラには独特のにおいがあるが、はっきりと区別できない場合もあるという。スイセンの葉を食べると吐き気や下痢などの症状がでることがある。

 消費者庁の岡村和美長官は「食用と完全に判断できない場合は食べないでほしい。人にもあげないで」と話している。

 厚生労働省のまとめによると、2008~17年に有毒植物による食中毒は188件発生。患者数は818人で、このうち10人が亡くなった。件数で最も多かったのはスイセンによるもので47件だった。同省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/yuudoku/index.html別ウインドウで開きます)で食用と間違えやすい有毒植物と、その中毒症状を公開している。(滝沢卓)