[PR]

 安倍晋三首相の秘書官だった柳瀬唯夫氏は愛媛県職員らと首相官邸で面会したのか。加計学園問題をめぐる11日の衆院予算委員会で野党が追及したのは、この点だった。県の文書では、柳瀬氏が学園の獣医学部新設計画について「首相案件」と語ったとされる。この日の質疑で真相は明らかにならず、野党が求める柳瀬氏の証人喚問が実現するかが焦点になった。

 「愛媛県の担当者が聞いてもいないことを書いたのか。柳瀬さんがウソをついているか、どっちかしかない」。立憲民主党の枝野幸男代表は、県や同県今治市の職員らが2015年4月2日に柳瀬氏に面会し、助言をもらったという県の文書を元に、首相を攻め立てた。

 柳瀬氏が職員らに面会していたならば、首相の友人が理事長をつとめる学園の学部新設計画を首相周辺が知っており、特別扱いしたのではないかとの疑念がふくらむ。計画を初めて知ったのが、加計学園を事業者とすることを正式決定した17年1月だったとの首相答弁も揺らぎかねない。

 「柳瀬秘書官の発言を私は信頼している」。首相は柳瀬氏が県職員らに会った記憶はないという発言を強調し、面会を否定しようとした。ただ、県の文書に対しては「コメントする立場にない」と繰り返すばかりで、面会の事実そのものを完全には否定しきれなかった。

 柳瀬氏が愛媛県、今治市の職員…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら