[PR]

 11日午後8時50分ごろ、滋賀県彦根市南川瀬町の彦根署河瀬駅前交番で人が血を流して倒れている、と彦根署から119番通報があった。県警によると、同交番勤務の井本光(あきら)巡査部長(41)が血を流して倒れており、まもなく死亡が確認された。県警は、所在が分からなくなっていた同僚の男性巡査(19)が井本巡査部長を撃った疑いがあるとみて殺人容疑で行方を追っていたが、12日午前1時35分ごろ同県愛荘(あいしょう)町内で見つけ、身柄を確保した。

 県警によると、11日午後8時15分ごろ、彦根市に隣接する愛荘町の田んぼにパトカーが突っ込んでいる、と110番通報があった。東近江署員が駆けつけたところ、河瀬駅前交番のパトカーだった。彦根署員が同交番に向かうと、井本巡査部長が頭と背中から血を流して倒れていたという。県警は背後から撃たれた可能性が高いことなど現場の状況から、男性巡査が撃ったとみている。

 交番では11日は3人が勤務する予定だったが、1人が休んだため、井本巡査部長と男性巡査の2人が勤務していたという。男性巡査は昨年4月に県警に採用され、今年1月から彦根署地域課に配属されていた。

 河瀬駅前交番はJR琵琶湖線の河瀬駅前で国宝・彦根城から南西へ約7キロ。