[PR]

 滋賀県彦根市の彦根署河瀬駅前交番で11日夜、交番勤務の巡査部長が拳銃で撃たれて死亡した事件で、県警は12日、同じ交番勤務の男性巡査(19)=彦根市=を殺人容疑で逮捕し、発表した。男性巡査は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 県警によると、男性巡査は11日午後7時47分ごろ、同交番で、上司で彦根署地域課の井本光(あきら)巡査部長(41)の後頭部と背中を貸与されていた拳銃で撃ち、殺害した疑いがある。同時刻の交番の防犯カメラの映像に、井本巡査部長が倒れる様子が映っていた。

 捜査1課によると、11日夜、彦根市に隣接する同県愛荘町の田んぼに交番のパトカーが突っ込んでいるのを確認。この日井本巡査部長と2人で交番勤務をしていた男性巡査がパトカーを乗り捨てたとみて行方を捜していたところ、12日未明、愛荘町内の近江鉄道の線路を歩く男性巡査を発見した。身柄を確保し、同日午前5時半ごろに殺人容疑で逮捕した。

 また、パトカー近くの田んぼで男性巡査の拳銃が見つかった。鑑識の結果、銃弾5発のうち2発が発射され、3発は残っていたという。

 県警によると、男性巡査は昨年4月に県警に採用され、今年1月下旬に彦根署地域課に配属された。教育係の井本巡査部長とともに3月26日付で同交番勤務になったばかりだった。男性巡査の勤務態度に「問題は見られなかった」という。