【動画】造幣局広島支局の「花のまわりみち」=宮崎園子撮影
[PR]

 造幣局広島支局(広島市佐伯区)の春の風物詩、「花のまわりみち」が13日に始まる。例年6万人ほどが訪れ、12日には、混雑を避けてゆっくり鑑賞してもらおうと、市内の高齢者施設の約660人を招待。訪れたお年寄りらは、カメラを向けたり花に顔を近づけたりして満喫していた。

 敷地内の桜は「松月(しょうげつ)」や「普賢象(ふげんぞう)」など63品種219本で、今年の花は淡紅色の「福禄寿(ふくろくじゅ)」。公開は19日までだが、担当者は「2日ほど前に満開を迎えた。まだまだ楽しんでいただけるが、早めがおすすめ」。

 午前10時~午後8時。日没後はライトアップされる。問い合わせはハローダイヤル(050・5548・8686、午前8時~午後9時)へ。(宮崎園子