[PR]

 スポーツと記録は切っても切り離せない。特に大リーグは1876年の誕生から、数多くの選手が記録を残してきた。なかには、長い年月を経て忘れられてしまったものもある。それら埋もれた記録にいま、光を当てているのが投打「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平だ。

 大谷が3日、本拠のエンゼルスタジアムでの初打席を本塁打で飾ってまもなく、エンゼルスの広報からこんなメールが配信されてきた。「勝利投手になった選手が、その後、2日以内に打者として出場した試合の一回に本塁打を打ったのは、1921年6月13、14日のベーブ・ルース以来(原文は英文)」

 こんなマニアックな記録がすぐ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら